あなたのお店の入口やレジ、こうなっていませんか?

 

 

風水コンサルタント56入口が、「人の流れが良い」方位ではなく「滞ってしまう」方位にある
風水コンサルタント57レジの位置が、「お金の流れる」方位ではなく「滞ってしまう」方位にある
風水コンサルタント58入口やレジの位置に吉作用を下げるものを置いてしまっている

 

 

風水コンサルタント55

 

この3点のポイントを変えるだけでも、今までよりお客様が入るお店になり、レジにお金の入るお店へと変わります。

 

 

お店・家・オフィス・・・。
いずれの建物の中にも「吉凶」が存在します。
そして、その吉凶は、物件の建築年月日玄関の向きと位置によって変わります。

 

 

 

例えば・・・
玄関の向きと位置が同じでも、建築年月日が違えば店内の吉凶は違います。
建築年月日が同じでも玄関の向きと位置ば違えば、店内の吉凶は異なります。

 

 

 

 

 

風水コンサルタント59 「人やお金の流れが良い方位」ってどこ?

 

 

企業経営_風水07「人の流れが良い方位」」とは、風水で言う「水」の方位で、流れの良い方位(場所)のことを指します。

 

この「水」の方位に入口あり、レジが置かれていれば、お客様の流れもお金の流れも良く、商売が繁盛するお店となります。

 

反対に「山」の方位というものもあります。もし、この山の方位や凶方位に入口があったり、レジが置かれていれば当然お客様の流れもお金の流れも滞ります。そしてお客様の流れも悪く、お金の流れも悪いお店となってしまいます。

 

但し、入口やレジ位置が水の方位に配置されていたとしても・・・
その方位の吉作用を下げる物(インテリア)が置かれていれば、水の流れを悪くしてしまいます。

 

なので、もし同じ建築年月日の物件で、同じ玄関の向きと位置であっても、レジを配置する場所や置く物(インテリア)などによって、そのお店のお客様の流れもお金の流れも違うのです。

関連ページ

仕事運・金運を呼び寄せるオフィスやお店の重要なポイント@
中国秘伝の風水処方を施しオフィスや自宅の運気整えて良い流れを作り、企業・経営者の仕事運・金運・全体の運気を上げる風水コンサルタント。