風水と方位学で引っ越しをするポイント!

風水と方位学について

風水≠方位学

方位学「風水で引っ越をする=九星気学での方位」が一般的となってしまっていますが、
風水と方位学は、全く別の占術ということをご存じでしょうか?

 

ちなみに、風水と九星気学も別の占術です。

 

風水は、風水であり、
方位学には、日本の九星気学や中国では風水の奥義と言われている奇門遁甲(きもんとんこう)の中の方位学があります。

 

九星気学の方位学を用いて引っ越をしようとすると、
年単位で方位の吉凶を判断するため「一定の方位にしか引っ越しができない」という状況がおこります。

 

方位学しかし、奇門遁甲の中の方位学を用いて引っ越しをおこなうと、
2時間単位の吉凶で判断をするため、一週間前後には引っ越したい方位へ「吉日時」に引っ越しをすることができます。
もし、より良い吉方位をで引っ越しを考えたとしても、1ヶ月以内には引っ越したい方位への「吉の日時」が必ずあります。

 

九星気学の方位学での移転は、少し不便を伴いますが、
奇門遁甲の中の方位学での移転は、とても使い勝手がよく無理なく引っ越したい方位へ引っ越すことができる便利な占術と言えます。

 

どちらの方位学を使用して引っ越す方位を決めるかは、ご自身が信じている占術をお使い頂ければ良いと考えております。

風水と方位学で引っ越しをするポイント!

風水

方位学経営者の方が風水で引っ越し先を決める場合には、まず「物件の外部環境の吉凶」と「物件の中の吉凶」を判断することがとても重要です。

 

よく、先に物件を決めてから風水を整えて貰えば「吉物件」になると考える方がいらっしゃいますが、吉物件にすることが出来ない物件があることもあります。

 

それは、
物件の外部県境が大凶の場合です。

 

当たり前のことですが、
物件の外にある道路や建物は移動することが出来ないため、物件の外部環境の吉凶は変えることができません。

 

そして、
物件の中が大凶の場合には、風水を整えても「小吉物件」までにしか上げることが出来ないからです。

 

方位学

方位学引っ越し先の方位に関しては、奇門遁甲での方位学を使用すれば、先に物件を決めておいていただいても何の問題もありません。
ですが、重要なことがひとつあります。

 

それは、引っ越し先の物件内に1時間近く滞在してしまった場合、その時間が「引っ越した日」となってしまい、その日時の吉凶が今後に左右してしまうことです。

 

「荷物を搬入した日時」が引っ越した日となるのではなく、
「1時間近く滞在した日時」が引っ越した人なり、その日となってしまいますのでご注意ください。

 

詳しくは、「開運セミナー」や「風水セミナー」でお話しさせて頂いております。

 

風水鑑定

 

風水と方位学で引っ越しをするポイント!

風水鑑定【東京】風水師 美槻衣伽|企業・店舗・経営者専門の鑑定師*有限会社ミレニアム